▲TOP

有限会社フルトークお問合せボタン
ファクタリング ファクタリングのコストを下げるお手伝いをしております。現在、他社のファクタリングを継続利用しているお客様は、ご相談ください。

ファクタリングをご利用のお客様へ 耳寄りなお知らせ

現在、他社で売掛債権のファクタリング(特に2者間)をご利用の法人様、低料率への契約変更を承ります。
2020年4月1日の民法改正に伴い、取引契約における債権譲渡禁止特約が事実上無効になりました。
また債権譲渡事実の判明により取引停止等の不利益対応は好ましくないとの経済産業省の通達も出ております。

既に多くの中小企業様がファクタリングを利用されており、資金調達の有効な手段となっていますが、深刻な問題も発生しています。
月あたり、額面の15~20%と、債権買取の割引率が大きいため、継続して利用していると営業利益の半分以上が消滅してしまうことになります。

ファクタリングは、急な資金調達には極めて有効な手段ですが、依存度が高すぎると危険です。
弊社では、ファクタリングのコストを下げるお手伝いをしております。現在、他社のファクタリングを継続利用しているお客様、ご一報ください。
現状と比較して、少なくとも3%はコスト削減できますので、是非ご相談ください。3%とは、現在の割引率に対して20%以上の削減になります。(例えば売掛債権500万円に対して、月あたり15万円もの削減になります)

ファクタリングコストの3%ダウンにより、実質利益が20%以上増加


対象売掛債権は50万~1億円まで。
単独の債権でも、複数の債権でのOKです。

他社のファクタリング(特に2者間)を3回以上ご利用の方、
特に優遇いたします。