▲TOP

案内資料

サポートファイナンスの御案内

リースの種類

設備投資の調達方法にも様々な方法があります。

 一般リースリースバックESCOリース
ギャランティード
・セービングス
シェアード・セービングス
所有権リース会社
リース契約会社
 (審査対象)
ユーザー商社ユーザーESCO事業者または商社
対象物件幅広い物件に対応省エネ機器に限定
途中解約原則不可(残金精算で可能)
商品代金入金納品・検収後にリース契約会社に入金
契約終了後再リース・返却・リース契約者が購入
経理処理大企業:オンバランス
中小企業:オフバランス
【ファイナンスツールの組合せで最小限のリスク・負担で最大限の販促効果が得られます。】
現金リース
適用商品すべての商品・サービスリース適合商品のみ
審査基準-審査基準が厳格
所有権お客様リース会社
会計処理お客様が固定資産計上リース料のみ経費計上
メリット販売後の事務処理不要納品後一括入金
代金回収事務不要
未回収リスクなし
デメリット資金力のあるお客様にしか販売できないお客様の信用力・商品の種別により適用の可否が決定
審査基準の厳格化により可決率が年々低下傾向にある
賢い使い方-リース会社の特性を熟知し、商品・申込時期によりリース会社を使い分ける